苦しさ

苦しさまた私は1つ疲れる原因を作ってしまったような気がしていました。
それでも、見てみぬフリだけは出来なかったのです。

その頃、好きになった人は俗にいうところの「構ってちゃん」と呼ばれるタイプの人でした。
女の人から比較的‘可愛い‘と形容されていた彼は
よく自分のキャラクター性が分かっているようで甘えることがとても得意な人でした。

元々、そういったタイプの人は好きに成らないのですが
彼だけはどうしても「ついつい気になってしまう」「彼が困っていれば私も動いてしまう」
そんな気持ちになってしまうのです。

母性本能を刺激されているのかもしれませんが
自分の疲れも刺激されていました(苦笑)

彼といえば、私だけではなく
他の女性に対しても気のいい素振りをしていることは分かっていましたし
私が彼女になれる可能性も低いとは思っていましたが
私は最後の最後まで期待を捨てることはしませんでしたし、彼と恋愛関係になりたいからこそ
「甘えさせてあげる」という事で自分の愛情表現をしていたのだと思います。

がしかし、結局は何も主張できなかった私。
当然恋愛も上手くいくはずも無く、2人の関係は彼に彼女ができるという形で
徐々に疎遠となってしまいました。
どこまで気持ちが届いていたのかは分かりませんが、反省すべきポイントが沢山だったことだけは確かです(苦笑)